-

渡されたレシートの所持する必要性はあるのか??答えから先に書くと所持する重要な意味は特別あるわけではありません。任意整理結婚

個人によっては所持していることにより個人が明細を保管したいと考える場合持っていればよいだろうし、もしそういった証拠は必要でないというのであれば保管しておく必然性はないでしょう。

しかし定期的に送られる使用履歴との照合作業をする際には絶対上述の利用レシートは不可欠となります。

それまでは少なくとも保存していなければ、どの場所でいつ頃いくら利用したか?について明確でなくなるだけでは済まず、誤った請求の他二重請求等の照合作業がすることができないためリスキーです。

特段クレカを決済した大きさレシートを保存していない限りは記憶しておくことはできないはずです。

理想的には明細書が送られてくる程度の期間は、厳重に明細を捨てないようにしたほうがよい。

クレジットのレシート破棄法》クレジットの明細レシート廃棄手段はとにかく単純です。

人に不正利用されないよう、バラバラに破って廃棄するだけで大丈夫。

自宅用裁断機が利用できるようであれば使うのが良いでしょう。

なんと言ってもクレカの利用内容を証明する明細レシートであるがゆえクレジットカードナンバー等個人情報の内容を特定されるデータが入っているのです。

不必要なレシートと思わず処分は用心して行うようにして欲しい。

一方、今は犯罪防止のため明細レシートにナンバー等の個人情報が書かれていない明細レシートも出てきているが信じ過ぎることは禁物です。

Category

リンク