-

車を持っている人であれば分かっていると思いますが、自動車税を支払う義務があります。79-3-32

そしてこの税金は手放す所有車買取時に当たり前に還ってくるお金なのです。79-20-32

このことはやると簡単に理解できますがこれから頭から順を追って出来るだけわかりやすく紹介しましょう。79-2-32

事前に説明をさせて頂けば国産販売されているクルマだけに限らずドイツ車等も税が返還される対象に決まっています。79-9-32

当然所有車もそうですね。79-4-32

クルマを持つ人が支払わなければならない税金なのですが、クルマの排気量により定められています。進学塾 松江市 出雲市

1リッターより低いならば29500円で、1リッターから1.5リッター以下までなら34500円です。79-1-32

これ以降は500ccごとに5000円増えていきます。79-8-32

そしてこの税は4月1日現在ので車を保有している人が、来年3月までの金額を払うという決まりになっています。79-7-32

要は事前納付ということですから、愛車を引き取ってもらって、所有権を手放したケースにはその分の自動車税は還ってくるということです。79-19-32

自動車税は前払いで年度内の全額を納めるので、年度内に愛車を売った場合は買い取った所有者が税金の納付義務を負うのです。

買い取った相手が中古車買い取り専門店なら、引き取り時に所有者が先払いしている分のお金を返してくれます。

要は所有権が移った日以降の税金は、権利が移った所有者が支払わなければならないのです。

例えば自分が10月に自動車を売ったなら11月から翌年3月までの払った税金は還ってくるのです。

というのも、前述の通り自動車税という税金は前払いであるという決まりからもわかります。

要は、あなたは売却相手に税を返してもらうということなのです。

業者を介さずに愛車を買い取ってもらう際に、結構こうしたことに気づかない方がいますのできっちり確認をとるようにしてください。

自動車税が車の売却で還ってくるという知識を意外と知っている人が少ないからと言ってそのことを説明しない買取業者も存在します。

こちらから自動車税の返金に関して話を切り出さなければ全然返金のことには説明しないという場合も頻繁に見られます。

そのためクルマの買取をする際には、払いすぎた税金が返ってくるかどうかを確認することを怠らないようにしなければなりません。

Category