-

新聞の宣伝広告、スポーツ紙、電柱にある宣伝チラシやDMなどで、「負債の効率化手伝います」「多重借金をひとつにしませんか」というアピールを見かけることがあります。クレジットカード比較

そういったものは、「整頓業者」「買取屋」「紹介屋」と呼ばれている悪徳会社のだまし広告の場合があるということなのです。

そういったものを申し込んだ場合は自己破産申し立てプロセスの中で一番大切な免責決定を受け取れないパターンもあります。

「片付け屋」の場合広告などで借金のある人を寄せ集め法外な費用を取り借金整理をしますが、結局のところ借金整頓は実行されずに、債務者は一層の債務スパイラルに陥ってしまうことがほぼすべてと考えてください。

「買取専門屋」とはクレジットカードで家電製品、電車の券を山ほど仕入れさせ、債務人からそれらの品々を値段の30%〜額面半額で引き取るという手口のようです。

負債人は一時的にはお金がもらえますが、少しすればカード会社から商品価格の売値の催促がきて、本当は債務を増大させることになります。

この場合、クレジットカード企業へ詐欺であるとされて免責をもらえません。

「紹介業者」の場合有名な貸金から断られるようになった債務人へ自分では融通はしないで、融資を可能である異なる貸し手を教えて、常識外の手数料を取っている会社です。

紹介者は専門的なつなぎで融通してもらえたというふうにしゃべりますが、現実は何もせず、単に審議のゆるいルートを把握しているというだけです。

このときも結局のところ債務を拡大させるだけです。

Category

リンク