-

事故は、あなただけの事故と自分以外が関与した車の事故が存在します。自分自身だけの事故の状況では、自身だけで事故の処理をしてしまえば終了しますが自分以外を巻き込んだ事故はそれぞれにどのくらい不注意があったのかを調べて、その結果によって車の修復の費用や和解金が決まりますので自動車の保険屋さんの専門家を交えての交渉が必要不可欠です。大多数の事故のケースで、それぞれに手落ちがある時が大多数でどちらかだけのミスが問われるという場面はほとんどありません。当然ながら信号無視や一時停止を無視したなどの交通違反によって起きた事故はかなりの責任になりますが被害を受けた人にもミスがあったと言われます。自動車での事故のケースではどの人のミスが原因で起こったかという結論が物凄くポイントになってきますので、その判断を数字で表したものが「過失割合」(過失割合)となります。一例として、前述した赤信号で止まらなかったり、一時停止無視ケースであれば、道路交通法の規則上全ての過失があると考えますが、事故の原因になった自動車が前方から来て目で確認されたケースであれば被害者でも注意不足として1割ほどの責任が指摘される時もあります。よってこの条件では加害者が9割、自分が1割割合と決められ割合が大きな方に手落ちが問われる事になるのです。そして車での事故の過失割合は過去の自動車事故の判例をものさしとして決定される状況が大部分で、日弁連の交通事故相談センターから示されている基準のようなものが元として使われます。この過失割合で、値が大きければ落ち度、つまり賠償すべき金額も大きくなると判断されるので、事故後の交渉は本人達だけでなく車の保険の担当に加わってもらってちゃんと交渉することが大切です。

Category

リンク