-

とうとう始める時という段階では一番に準備を手抜きしてはいけません。取引を行う前であるならば出来事を客観的に見つめる事ができる余地があります。しかし、一回マーケットの中へ入ってしまうと、どう試みても見解が主観的になってしまいがちで時には適切な見方が出来なくなる。恐れが生じる。それだけに自分自身の頭の中が落ち着いている段階で、適切に準備する事が必要です。その”準備”とは、まずはあなたのストーリー展開を考える事から行います。未来の投資状況は下がる(または上がる)から、NZドルを売る(あるいは買う)というような、自分の筋書きを書いていきます。次に相場を確認しましょう。これまでの市場の推移を見定めて、今現在のチャートを見ます。すると、「今日は相当低い状況にある」とか、そうでなければ「すでに大方の投資家の方々が仕かけているから今さら自分か買い(または売り)しても今さら遅すぎるな」ということが見えてきます。無論すでにエントリーするのが遅すぎるなと思ったら何もせず、そこのところはすっぱりと吹っ切ることが重要です。無理に自分自身の台本を譲らずに、売買すると、マーケットに押し返されてしまい、逆にマイナスになるリスクがあります。とは言っても多くの状況で、準備が出来ている自らの筋書きを思い描いているとすれば、売り(または買い)が遅いなという場面にはならないと考えます。たぶん、実際に為替相場が上げ下げする前の状況のはずだからです。更に、とりあえずは自らが取引しようと決めている売買ポジションの動きを、注意深く見る事が必要です。仮定としてドル高が進むだろうという脚本を作成したのであればドルの変動に注目する事が大事です。市場の変動をチェックし始めた段階では、まだその外貨は目立って上下動する素振りを見せないで小さな動きを繰り返しているだけでしょう。しかし、その動きを正確に注目しているとあるポイントでゆっくりと円安の方向へと為替相場が推移し始めます。ここでいよいよ、ドル円の新規取引します。普通、十分に事前準備をやっておけばその注文で勝てる可能性は比較的高まるはずだ。

Category

リンク